本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 福島 > 鶴ヶ城

鶴ヶ城

                                 福島県キリシタン関連史跡

キリシタン大名蒲生氏郷の居城


キリシタン大名として知られる蒲生氏郷が居城とした城。
秀吉の命で、奥州の押さえとして会津若松に転封となった氏郷は、城下を整え商業が発展するように商人を呼びました。

氏郷の病没後、蒲生家は三代で絶えましたが会津若松城下は大いに栄え、戊辰戦争で壊滅的なダメージを受けるまで繁栄を続けました。

鶴ヶ城

鶴ヶ城


私が訪れた時は大規模改修中だったので、このような写真しか撮れませんでしたが、2011年春には改修も終わり、赤い瓦屋根の美しい天守がお目見えしたとの報道を見ました。

いつか再訪した際にはきれいな写真を撮って差し替えたいと思います<(_ _)>

麟閣

麟閣


城内にあるのが氏郷が千利休の遺児である千少斎を匿った麟閣。

利休七哲と呼ばれる7名の人物は、文献により多少異なっていますが、蒲生氏郷がその筆頭であることは共通しています。

それは秀吉の不興を買いかねないという危険を顧みず、利休の息子を呼んで匿った義によるものと考えられています。

鶴ヶ城

鶴ヶ城の石垣


非常に精密に積み上げられた石垣は、それだけでも一見の価値があるほど。

氏郷の頃、城下には3つの教会があり、その一つは城内にあったとされていますが、その位置や詳細は不明です。

他にキリスト教に関係したトピックスとしては、戊辰戦争の時、後に新島譲の妻となる八重が、天守から鉄砲を撃っていたということが挙げられます。

鶴ヶ城
鶴ヶ城内の遺構
鶴ヶ城
城内の展示物
鶴ヶ城
鶴ヶ城
石垣
麟閣
麟閣入口
麟閣
麟閣
麟閣
麟閣の庭
麟閣
麟閣の石


 
現地への行き方
JR会津若松駅から徒歩30分ほど。駅前から出ているバスの利用がおすすめです。

地図データ c2012 ZENRIN - 利用規約
地図
航空写真
地図+写真

この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション


                                          NEXT >>