本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 福島 > 御三階

御三階

                                福島県キリシタン関連史跡

鶴が城内にあった不思議な建物


大地震と火事に遭いほとんどが灰燼に帰した鶴ヶ城内の建造物で、唯一現存する建物。
外観上は三階建なのに、中に入ると4階建になっているという珍しい構造で、隠し階の明かりは外に漏れないようになっているため、密議に使われたのではないかと推察されています。


御三階

阿弥陀寺にある御三階


鶴ヶ城内から移築され、現在は会津若松市内の阿弥陀寺にありますが、ゆくゆくは鶴が城内に戻されるという話もあります。

鶴が城内には蒲生氏郷や藩に出仕するキリシタン武士が通った教会があったとされますが、それがこれだったのではないかと言う人もいます。

鶴ヶ城
鶴ヶ城とその遺構
御三階
城内で御三階があった場所
御三階
御三階
阿弥陀寺の解説板
阿弥陀寺の解説板
御三階
外観上は三階建
御三階
この間に隠し階
御三階
御三階の解説板
御三階
最上階


 
現地への行き方
JR七日町駅から徒歩1分ほど。住所は会津若松市七日町4-20です。

地図データ c2012 ZENRIN - 利用規約
地図
航空写真
地図+写真

この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション


                                          NEXT >>