本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 福島 > 土津神社

土津(はにつ)神社

                              福島県キリシタン関連史跡

キリシタンを見て見ぬふりした名君


会津藩主保科正之を神として祀る神社。
正之は徳川家光の異母弟で、キリシタン禁教令が出ているのを承知していましたが、猪苗代にいるキリシタンたちのことを見て見ぬふりをしていたといわれています。

次第に禁教の嵐が激しくなり、仕方なくキリシタンの処刑を命じたこともあったので、キリシタンを守ったとはいえませんが、キリシタンが危険でないことを理性的に判断していたのであろうと推察できます。正之は地元では名君として崇められています。

土津神社


会津藩主保科正之の母は、徳川秀忠の側室 お志津の方。徳川家三代将軍家光はこの謹直で有能な異母弟をことのほか可愛がったと伝えられています。

家光は死に臨んで枕頭に正之を呼び寄せ、「肥後よ宗家を頼みおく」と言い残し、これに感銘した正之は以後徳川家に忠誠を尽くして仕えることを遺訓としました。

その後遺訓は守られ、幕末の藩主 松平容保もに至るまで佐幕派の中心的存在として最後まで薩長軍と戦い徳川家を守ろうとしました。

正之の廟所


土津神社の奥の院にある保科正之の廟所は、鬱蒼とした森の木々に囲まれてあります。

正之の周りには、従兄弟の内藤自卓・直英兄弟や、母の甥の神尾四郎左衛門清一など、キリシタンだった者が多くいたので、キリシタンに対して悪く思うことはなかったのかもしれません。


参道

境内地図

境内の石碑

解説板


 
現地への行き方
JR猪苗代駅から車で30分ほど。住所は耶麻郡猪苗代町見祢山1です。

地図データ c2012 ZENRIN - 利用規約
地図
航空写真
地図+写真

この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション


                                          NEXT >>