本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 福島 > 飯坂の六地蔵尊

飯坂の六地蔵尊

                              福島県キリシタン関連史跡

キリシタン供養のための地蔵


キリシタン処刑が行われていた成就院の僧侶が建てたキリシタン供養の像。

この像を建てたのは金海上人という修行僧(あるいは修験者)で、成就院で修行し、この寺で亡くなったと伝えられる人物です。殉教したキリシタンの霊を慰めるためにこのような像を建てたのだといわれています。

六地蔵が刻まれた石造物


銘文には「宝永七年」とあるので、1710年の建立だとわかります。

元々は、現在横に置かれている地蔵像(画像では赤い帽子とマントを身に着けている)が、六地蔵が刻まれた石の上に載っていましたが、倒れ落ちたといいます。

この像の傍らにあるのが、像を建てた金海上人の墓です。

傍らには金海上人の墓


猪苗代成就院で処刑されたキリシタンは110人ほどだったといわれますが定かではありません。

成就院以外の場所でも、処刑は行われており、猪苗代キリシタンの中心的人物であったコスメ林主計は、城に近い山中で斬首されたと記録されているので、この山が殉教地かもしれません。

又キリシタンを閉じ込めて棄教を迫った牢屋も、山の中にあったとわかっています。

もしかしたら金海上人は、成就院だけでなく山中で命を落としたキリシタンたちの冥福をも祈って、この山に供養塔を建てたのかもしれません。


キリシタン供養の六地蔵

六地蔵尊と地蔵

周囲の墓地

墓地と参道


 
現地への行き方
JR猪苗代駅から車で45分+徒歩15分。磐椅神社に行き、その前に伸びている参道を15分ほど下って行くと右手の墓地の中にあります。磐椅神社の住所は耶麻郡猪苗代町西峯6199。猪苗代町の諏訪神社横の道(磐椅神社への参道)を山の方に上って行くこともできます。


地図データ c2012 ZENRIN - 利用規約
地図
航空写真
地図+写真

この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション


                                          NEXT >>