本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 福島 > 猪苗代成就院跡

猪苗代成就院跡

                              福島県殉教地、キリシタン関連史跡

キリシタンの処刑が行われた


キリシタンの処刑が行われた寺の跡。
猪苗代のキリシタン弾圧は岡越後の跡を継いで猪苗代城代になった岡左衛門佐の時からです。

左衛門佐は越後の甥でしたが、キリシタンではなく、城代の職を奪われないために弾圧を加えました。詮議の上、棄教した者は転切支丹(ころびきりしたん)として監視を続け、棄教しない者は斬首しました。

猪苗代成就院跡


猪苗代成就院跡として推定されるのが左の画像の建物と敷地。

成就院は当時修験者の道場だった所で、ここで絵踏みも行われたといいます。

殉教者の氏名、人数、墓所は伝えられておらず、今和泉、新町、本町で110人の殉教者があったとか、火刑も行われたとか言い伝えられていますが、定かではありません。


成就院跡

成就院跡の建物

横の参道

成就院跡の川


 
現地への行き方
JR猪苗代駅から車で20分ほど。諏訪神社の参道脇にある建物の辺りではないかと思います。

(C)Yahoo Japan
200 m
猪苗代成就院跡?

この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション


                                          NEXT >>