本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 福島 > カトリック福米沢教会

カトリック福米沢教会

                               福島県教会、キリシタン関連史跡

キリシタンの遺物が出てきた教会


高札撤去後、南会津で最も早くに福音が入った地域にある教会。

高札撤去後の1883(明治16)年、会津で一番最初に洗礼を受けたのは、この福米沢出身の青年で、当時は横浜教会に所属していました。1894(明治27)年、福米沢の畑の中から十字架が発見され、この辺りにキリシタンがいたという伝承が裏付けられました。

その後1935(昭和10)年に、この地域にやっと教会が建てられることになり、整地してみたところ、小さな塚のような所からパンを載せる器などの聖具が発掘されました。不思議なことに、昔キリシタンがいた地域が、復活後のクリスチャン第一号を生むこととなったのです。

カトリック福米沢教会

キリシタン遺物の聖具が発掘された地に建つ、カトリック福米沢教会。正しくは聖ヴィンセンチオ・フェレリ教会といいます。

現在は巡回教会になっており、常駐する神父はいません。この建物は喜多方市のカトリック教会の建物を移築したものです。

カトリック教会の会津布教は、1879(明治12)年に始まりました。東京の築地教会の巡回地として、年2回ほど来て宣教を始めたのです。

奥会津宣教百年の記念碑


そして1883(明治16)年、教会設立の許可を得て、本格的に布教を開始しました。この時洗礼者第一号となったのが、福米沢の湯田初次郎だったのです。

こんな小さな村なのに、会津で最初のクリスチャンを輩出したのは、キリシタン時代の祈りのゆえでしょうか。

福米沢に教会を建てる時に出てきたキリシタンの祭具というのも、大変象徴的だと思います。


教会案内

小道の奥に教会

小さな教会だけれど

意味は大きく深い


 
現地への行き方
JR会津田島駅から車で10分ほど。住所は南会津郡南会津町福米沢字大田。マリア観音のある常楽院を少し西に行った所にあります。小道を見逃さないようご注意を。

地図データ c2012 ZENRIN - 利用規約
地図
航空写真
地図+写真

この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション


                                          NEXT >>