本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 福島 > 上ノ台牢屋跡

上ノ台牢屋跡

                              福島県牢屋跡、キリシタン受難地

キリシタンが入れられた牢屋跡


会津藩主が丹羽長重だった頃、キリシタンが入れられていた牢があった所。
キリシタンが入牢していた本町の牢は、「永蔵寺と心行寺の間の上ノ台」にあったことがわかっていますが、今は跡形もなく、地名とこの辺りだっただろうということしかわかりません。

上ノ台


現在上ノ台という地名が残っているのはこの辺りです。永蔵寺はありますが、心行寺はないようです。

1632(寛永8)年、この牢に入れられ棄教しなかったキリシタン13人が処刑されました。ここから引き出され、市中引き回しとなった後、鶴芝刑罰場で天に命を返したのです。


上ノ台館跡解説板

上ノ台館跡

白河劇場跡解説板

白河劇場跡

永蔵寺

永蔵寺


 
現地への行き方
JR白河駅から徒歩10分。住所は白河市上ノ台です。

地図データ c2012 ZENRIN - 利用規約
地図
航空写真
地図+写真

この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション


                                          NEXT >>