本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 福島 > 白河ハリストス教会

白河ハリストス教会

                                 福島県教会

白河にある日本正教会の教会


白河にある、百年以上の歴史を持つ日本正教会の教会。
正式名称は白河ハリストス正教会・生神女進堂聖堂です。1882年(明治15)年に最初の会堂が建てられ、今もその建物は現存しており集会所となっていますが、聖堂としては使われていません。

現聖堂は1915年(大正4)の建立。聖堂と内部の古いロシアイコンは福島県指定重要文化財となっています。内部には山下りんの作品もあり、美術的にも価値のある教会ということができます。

白河ハリストス教会


ハリストスとはキリストのこと。正教会は東方正教会とも呼ばれます。

ローマ・カトリック教会やプロテスタント諸教会が西ヨーロッパを中心に広がったのに対し、キリスト教が生まれた中近東を中心に、ギリシャ、東欧から、ロシアへ広がりました。

日本へは江戸時代末期、函館のロシア領事館付の司祭として来日したニコライによってもたらされ、日本正教会として活動しています。


白河ハリストス正教会

白河ハリストス正教会

白河ハリストス正教会

白河ハリストス正教会解説板


 
現地への行き方
JR白河駅から徒歩7分。住所は白河市愛宕町50です。中に入って見学するには予約が必要なのでご注意ください。

地図データ c2012 ZENRIN - 利用規約
地図
航空写真
地図+写真

この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション


                                          NEXT >>