本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 福島 > 糠沢の東禅寺

糠沢の東禅寺

                               福島県 キリシタン関連地

畑の中から十字架が


1927(昭和2)年春、福島県本宮市糠沢東禅寺(東禅寺とは寺の名前ではなく字名)の畑から立派な十字架が発見されました。これをもって阿武隈川沿いの東禅寺こそがバレンチノ中牧主水夫妻の殉教地ではないかという説が出されるようになりました。

東禅寺


「畑から十字架が出てきたから殉教地だ」というのは飛躍しすぎであり、「バレンチノ中牧主水夫妻の殉教地だ」とする根拠は何もありません。

しかし白岩村(現本宮市)や大槻村(現郡山市)からはキリシタンが捕縛されているので、ここにキリシタンがいたのは確かです。

キリシタン遺物が出てきたキリシタンゆかりの地ということはできるかと思います。


阿武隈川

東禅寺の河原

白岩村の風景

現在の本宮市


 
現地への行き方
東北自動車道本宮インターより車で15分ほど。住所は本宮市糠沢東禅寺です。

地図データ c2012 ZENRIN - 利用規約
地図
航空写真
地図+写真

この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション


                                          NEXT >>