本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 福島 > 三春町役場

三春町役場

                               福島県 キリシタン関連史跡

キリシタン摘発に向った代官所跡


キリシタン時代信徒が多く住んでいた三春の町の中心地。

現在三春町役場、公民館、郵便局になっている所は、御会所、永蔵、代官所など藩庁関係の建物があった場所で、明治時代には藩講所が置かれていました。
キリシタンの訴人があると、ここにあった代官所から役人が捕縛に向かいました。

三春町役場周辺


三春城代がキリシタンだった時代の後、幕府直轄地を経て、秋田氏が入封した三春藩には、キリシタンが多く住んでいたことがわかっています。

そのため誰彼がキリシタンだという訴人(密告)もたびたびありましたが、中には気に入らない人物に濡れ衣を着せるためにキリシタンだと訴えた場合もありました。

藩講所跡


三春藩の領内で実際にキリシタンが出てきた所は、田村郡椚山村、船引村、飯豊村、出羽丹羽村、浮金村、吉野辺村、川曲村など。

田村郡船引村春山の庄屋、大河内某がキリシタンであったために御役ご免の上、追放されたという事件もありました。

キリシタンを捕縛に向う役人は、ここから出て行き、捕らえた者もここで吟味されたと考えられます。


現在の様子

藩講所跡

解説碑


 
現地への行き方
JR三春駅から徒歩25分ほど。住所は福島県田村郡三春町大町1-2です。

地図データ c2012 ZENRIN - 利用規約
地図
航空写真
地図+写真

この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション


                                    史跡案内一覧へ >>